Uber Eats配達時の注意点

UberEats利用時の注意点

UberEatsの配達パートナー側のアプリの完成度がまだまだ低いのが現状です。
アプリが原因で起こる配達時トラブルがかなりあります。

 

UberEatsで注文した料理がなかなか来ないなど、トラブルが起きると迷惑が掛かるのは商品を注文したお客様です。

 

UberEatsの配達パートナー側からの視点で「UberEatsで頼んだ料理が届かない」てことがなぜ起きるのかという理由と、そのようなことが起きないように注意点・対策を書きます。

 

UberEatsで注文した料理が来ないトラブルは主に下記の2パターンがあります。
①配達は始まっているのに配達パートナーが迷っているのかなかなか家まで来てくれない
②料理を準備中の表示から更新がされない(配達が始まらない)
上記の2パターンでしょう。

 

UberEatsで料理を注文し、レストラン側の準備が完了して配達パートナーによる配達が始まっているのにいつまでも配達パートナーが来ない場合、注文者からすれば「道迷ってんの?」とたいていは思われるでしょう。

 

実は配達パートナーは使用するUberEats専用アプリの届け先に正確な情報が表示されておらず、
どこに届ければいいのか理解できていないなんてことがあります(もちろん単純に道に迷ってる場合も多々あります)。

 

UberEats配達パートナーは配達する際にUberDriverという専用のアプリを使用しています。
このアプリでマンションの部屋番号など届け先の詳しい情報が書いてなかったり、マップの場所と実際の届け先の場所が違ったりすることがあるのです。

 

料理をお届けするのがマンションであれば必ずマンションの部屋番号まで分かっていないと届けることはできません。
もし届け先の住所にマンション名と部屋番号を記入していない方は必ず記入してください。

 

UberEatsアプリの「お届け場所」の「配達時の注意事項を追加する」に届け先のマンション名と部屋番号を記入してください。これをしておけば格段にトラブルは減ることでしょう。

比較ページへのリンク画像